メインイメージ画像

突然の訃報を知ったら電報で弔電を送って思いを伝えよう

入学式や卒業式には見かけますが、現代では、スマートフォンやインターネットの普及もあり、近年では電報の利用は減少してきています。電報の大半は冠婚葬祭の時に、事情があって参加出来ない時に利用します。最近では、スマートフォンやSNSによっておめでたい事については、手軽に意思を伝える事が出来るので、その点での利用は減少していると考えられます。しかし葬儀や告別式の場合には、弔電という形で現在も利用されています。

訃報というのは、突然にして起こり得る事なので、遠方でどうしても行けないなど、何かしらの事情で、通夜や告別式に参加することができない時にお悔やみの気持ちを表現する為に利用します。唐突な事ではありますが、通夜や告別式にどうしても参加出来ない場合は、遅くても告別式に間に合う様に弔電を送るのが人情です。それから、弔電を送るサービスも現代では様々なものがあり、以前から一般的に使われている電話での注文や、ネットのサイトを経由し依頼する物などがあります。その他にも手書きの物をデータ化して送る事も出きます。

一般的に弔電は式の際に一部分読まれる事が多いのですが、読まれなかった場合にもその遺族の方々は、その後にお礼をするのに必ず目を通します。ですから、手書きの文書を送る事はお薦めします。定形の文章を送る以上に人間味が溢れ、自分の気持ちを伝えるにあたり適していると考えられます。また弔電を送る際の送り先ですが、ひと昔前と違い最近では自宅で葬儀をあげる家が少なくなってきており、斎場で行われる場合が多いので、その斎場宛に送る事になります。

また、宛名としては、通常はその喪主宛に送るものですが、自分が喪主の方ではなく他の遺族の方と関わりが強い場合は、その遺族の方宛に送る事も問題はありません。それが気がかりな方は故人名とご遺族様としておけば、なんら問題はありません。弔電は本来なら直接会ってお悔やみを申し上げたい所を、事情があって電報を使ってお伝えします。ですから、相手方の事を考えると落ち着いた場合に直接会いに行く事をお薦めします。

更新情報